読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

脳内垂れ流し

ここで書いてあることは別人が書いたものだと思って、他で持ち出したり質問したりしないように!

PS4版ストVでのPS4非対応のコントローラーの話

PS4では非対応のコントローラーはそのままでは動作しません。

 

動作させるには大きく分けて2つ

1.Lab Zero PS3 Fight Stick Technologyを利用する

2.変換器(Converter)を利用する

となります。

 

ここではオフラインイベントを見据えて軽く説明します。

 

1.Lab Zero PS3 Fight Stick Technology

通称PS3ドライバー、ストVにはあらかじめ導入されています。

追加コスト無く動作させることができますが、動作させるコントローラーとは別にPS4用公式ライセンス品のコントローラーが必要であり、2つのコントローラーで同じ操作ができる点が問題点となります。

あとは接続等に不具合があるのも推奨されない理由となります。

 

2.変換器

変換器には大きく分けて常時認証型認証回避型の2種類があります。

 

どの変換機にも共通でいえる事は、マクロ・連射機能を有するものがほとんどです。

また常時認証型は、PS3ドライバーと同じく動作させるコントローラーとは別に認証をクリアするために公式ライセンス品のコントローラーが必要であり、2つのコントローラーで同じ操作ができる点が問題点となります。

 

認証回避型の欠点は、PS4のファームウェアが更新された直後は、8分間しか使用できない状態になることです。

(後日変換機のアップデートで再び使用可能になります)

 

 

常時認証型と認証回避型は、コントローラー1つで動作するか又は別にDualShock4を用意する必要があるかで見分けることができます。

 

認証回避型かつマクロ機能を有さないものとしては”Brook Super converter(Tournamentモード)”以外に選択肢がほとんど無い点を覚えておきましょう。

Tournamentモードの見分け方は、LEDランプの色の違いで見分けることができます。

(緑のみ=通常,緑+紫=トーナメント)

 

最後に

オフラインイベントで不正を防ぐためには、上記の点に注意しながら使用可能な機器を制限することが必要となります。頭ごなしにレガシーコントローラーダメ絶対!では参加プレイヤーを制限することになり、運営に講義という名の批判が行きかねません。

(理想としてはBrook Super converterのみ使用可能が良いと思います。ただしPS4のアップデート直後は条件を緩和することを検討する必要があります。)

PC版ストVでのコントローラーのお話

PC版ストリートファイターVでは、Xinput形式のコントローラーのみ使用可能になっています。

Xinputとは何ぞや?という人は以下のリンクで軽く紹介しています。

tinpowww4545wwww.hateblo.jp

 

ストVをXinput形式のみにした大きな利点は

ゲーム起動中にコントローラーの入れ替えができる

これに尽きるのではないでしょうか

人が入れ替わりで対戦することを想定したら、この仕様にするのが正解でしょうね。

 

ただしXinputについて理解しておかないとつまずいてしまう部分もあるので、ここで軽くお話をしようと思います。

 

1.Xinputのドライバーのお話

Xinputのドライバーは2種類あり、どちらもストVではサポートしています。

大多数のコントローラーはXBOX360系ドライバーを使用するので、USB端子を刺すだけで自動的にインストールが完了して使用可能になるのですが、一部のXBOXOne系ドライバーの製品はインターネット経由か手動でドライバーを導入する必要があります。

ここからXBOXOne系ドライバー系のコントローラーの話になります。

PCがインターネットに接続されている場合は、初回時のみUSB端子を刺した時に自動的にインターネット経由でインストールが開始されます。

次回からはドライバーのインストールは完了しているので、インターネット接続の必要はありません。

あらかじめXBOXOne系ドライバーをインストールしておかないと、インターネット環境がない場合には詰みます。注意しましょう。32bit 64bit

 

2.Mad Catz製品のお話

PS4用のMad Catz社のコントローラー(TE2.TES+.TE2+.FSA.FPP)は、独自のドライバーを使用することでXinputとして使用することができます。各コントローラーでドライバーの互換性はありません。

(※XBOX360用orXBOXOne用のTE2は標準のXinputドライバーで動作します)

独自のドライバーは初回のみ手動でインストールする必要がありますが、2回目以降は自動で認識をしてくれます。ダウンロード

注意しなければいけない点として以下の2点を覚えておきましょう。

DirectInputとXinputの切り替え機能があるので必ずXinputを選択する

・Xinputを選択した時は接続したデバイスとは別にXBOX360コントローラーが追加されますが、XBOX360コントローラーが本体になる

 

PC版ストVでオフラインイベントをする際は、事前にコントローラーのドライバーを導入して対応することが必要になると思います。

Xinput

Xinput

XinputはMicrosoftが推奨するコントローラーの共通規格。
ボタン数と位置・スティック数・振動機能・ボイスチャット機能の規格が統一され、XInput対応のアプリケーション(ゲーム)ではキー設定なしで同じ操作をすることができる。
(TPS・FPS系のゲームに採用されている理由はこれ)

また、Xinputのみ対応するゲームでは、ゲーム起動中にXinput形式のコントローラーを再接続したり、他のXinput形式のコントローラーと入れ替えてもゲームを終了すことなくコントローラーでプレイすることができる。
(コントローラーの入れ替えが発生する格闘ゲームに採用されている理由はこれ)

詳しくはXInput の基礎知識を参照。

 

Xinputには2種類あり、PCで動作させるために必要なドライバーが異なる

 

XBOX360

2006年頃に登場
文字通りXBOX360に採用されて以来、ほぼすべてのXinputコントローラーはこちらになる。
WindowsVista以降のOSにはドライバーがプリインストールされている


XBOXOne系
2014年頃に登場
XBOXOneのコントローラーにのみ採用されている。XBOX360系との違いは、振動機能の強化(インパルストリガー)が主になる。
Windows7以降のOSでは初回接続時にドライバーがインターネット経由で取得される

レガシーコントローラー

レガシーコントローラー

PS4に対応していないDirectInputのコントローラの総称

(PS4対応≠認証可能なので注意)

PS3用コントローラ≒レガシーコントローラであるが、一部のPC対応コントローラもこれに該当する。

 

Lab Zero PS3 Fight Stick Technology
通称PS3ドライバー

ゲーム(アプリケーション)内に同プログラムを組み込むことで"常時認証型"と同じ動作をするようになる。

動作のためにレガシーコントローラーとは別に公式ライセンス製品が必要になる点は一緒である。

よって同機能も大会では使用禁止の場合がほとんどである。

最大の欠点としては、PS4の仕様でDualshock3はシステム上弾かれるので同機能を利用しても動作しない。

(PS4にエラーメッセージが表示される)

変換器・認証回避型

認証回避型

製品:Brook super converter,Cronus MAX,Titan One等

製品内に非公式なkeyを持っていて、認証をクリア(回避)する製品

PS4のファームウェアが更新されるたびにkeyが変更されるため、製品内の非公式なkeyを更新する必要がある。
(基本的にはPS4のファームウェアが更新されるたび、製品のアップデートをして対応する)

製品自体にもマクロ機能や連射機能を有しているものがほとんどだが、同機能を排除したTEファームウェアが存在する"Brook super converter"のみ大会で使用可能な場合がある。