読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

脳内垂れ流し

ここで書いてあることは別人が書いたものだと思って、他で持ち出したり質問したりしないように!

PC版ストVでのコントローラーのお話

PC版ストリートファイターVでは、Xinput形式のコントローラーのみ使用可能になっています。

Xinputとは何ぞや?という人は以下のリンクで軽く紹介しています。

tinpowww4545wwww.hateblo.jp

 

ストVをXinput形式のみにした大きな利点は

ゲーム起動中にコントローラーの入れ替えができる

これに尽きるのではないでしょうか

人が入れ替わりで対戦することを想定したら、この仕様にするのが正解でしょうね。

 

ただしXinputについて理解しておかないとつまずいてしまう部分もあるので、ここで軽くお話をしようと思います。

 

1.Xinputのドライバーのお話

Xinputのドライバーは2種類あり、どちらもストVではサポートしています。

大多数のコントローラーはXBOX360系ドライバーを使用するので、USB端子を刺すだけで自動的にインストールが完了して使用可能になるのですが、一部のXBOXOne系ドライバーの製品はインターネット経由か手動でドライバーを導入する必要があります。

ここからXBOXOne系ドライバー系のコントローラーの話になります。

PCがインターネットに接続されている場合は、初回時のみUSB端子を刺した時に自動的にインターネット経由でインストールが開始されます。

次回からはドライバーのインストールは完了しているので、インターネット接続の必要はありません。

あらかじめXBOXOne系ドライバーをインストールしておかないと、インターネット環境がない場合には詰みます。注意しましょう。32bit 64bit

 

2.Mad Catz製品のお話

PS4用のMad Catz社のコントローラー(TE2.TES+.TE2+.FSA.FPP)は、独自のドライバーを使用することでXinputとして使用することができます。各コントローラーでドライバーの互換性はありません。

(※XBOX360用orXBOXOne用のTE2は標準のXinputドライバーで動作します)

独自のドライバーは初回のみ手動でインストールする必要がありますが、2回目以降は自動で認識をしてくれます。ダウンロード

注意しなければいけない点として以下の2点を覚えておきましょう。

DirectInputとXinputの切り替え機能があるので必ずXinputを選択する

・Xinputを選択した時は接続したデバイスとは別にXBOX360コントローラーが追加されますが、XBOX360コントローラーが本体になる

 

PC版ストVでオフラインイベントをする際は、事前にコントローラーのドライバーを導入して対応することが必要になると思います。