脳内垂れ流し

ここで書いてあることは別人が書いたものだと思って、他で持ち出したり質問したりしないように!

アイマス6thナゴヤドーム旅行譚~登山編

12/2 08:00

かなこがしるこサンド微笑みながら持っていビジョンから

マリンバによって開放される…最高の目覚めである()

 

シャワーを浴び覚醒を促すが昨夜の疲れは取れずだらりと男の娘キュアを見る

朝食はあえて取らずキャリーケースをフロントで宅急便に預け

ホテルサービスの1ドリンクを受け取り登山へ出発

 

 

12/2 09:30

栄駅から舞鶴線に乗るが痛恨の逆方向

浄心で降りていりなか駅を目指す

時間ロスによって到着時間が30分遅れるが無事到着

駅から北の住宅地へ歩いていくことに

 

 

12/2 10:30

北に進むとそこにはあった、喫茶マウンテンの文字が

 そこに並ぶ人!人!人!少なくとも200人は居るんじゃないだろうか

持ち物を見るかぎりかなりのP率をほこる

出口付近の方に声をかけ最後尾の札を無事GET!…嬉しくない

こ、これ3時間は余裕で待つんじゃない?

 

最後尾の札を持つこと5分 次の最後尾が参上(以下:次P)

最後尾の札を渡しこの後ナゴヤドームですかと尋ねるとYESの返答

名刺をお持ちでないとのことだったので名刺を一方的に押し付け雑談タイム

初対面で雑談を始めれる人見知りとは私のことです

 

まだ1枚も写真を撮っていなかったのでパシャリ

 

 

12/2 12:30

順番待ちから2時間が経過で列の半分まで進む

今まで最後尾が伸びていたが諦めの脱落者が増えていったので列は短くなる

昨日のライブの古傷が…とかではないが流石冬空の立ちっぱなしは腰に来る…

そこをなんとか耐えてみせる!これはPの魂を掛けた聖戦である!!

 

 

12/2 14:00

次Pとは雑談しつつ互いにデレステを嗜む…マンガも読んでた気がする

蛇の道は細くなりPの諦めを超えようやく入場門の前までたどり着く

ここまで約4時間であった…今並んでる人6th間に合わなんじゃない?!(他人事

 

 

12/2 14:10

山のマダム(松葉杖ver)に登山へと案内される

 そこで登頂への阿吽絶叫を見せられつつ座らされるのは

さながら運命をただ待つギロチンへの階段のようだ(かなり大袈裟

 

 

12/2 14:30

ギロチン台…もとい席へ案内される

おひとりさまは相席なので次Pと一緒の席だ

 

隣の席では女性Pが他の男性Pに取り残され一人で登山を続けている

これが登頂の厳しさと言うものなのか?

 

メニュー表を渡されるが腹はすでに決まっている

ここは2人そろって冬期限定甘口イチゴスパゲッティだ!

そう…ここはありすP達が追い求めていたイチゴパスタが食べられる場所

夢の舞台…いいじゃないの荒馬の馬車に乗っちゃうしかないでしょ

 

待つこと10分…ついにイチゴスパがやってきた…

 

 

シリルのグルメ~名古屋市の甘口イチゴスパゲッティ~へ続く